#121 田口峠
2017/09/27(Wed)
サイクリングで気づいた峠の魅力、2015年改めて群馬県内および自宅から日帰りで行ける程度の範囲で峠を巡ってみようと決意してみた。
山道を上って下ってさぁ行ってみよう。
  

星尾峠を下ると国道254号と合流します。
NEC_1406.jpg

佐久市街まで下って遅い昼食を取りました。
田口峠の登り口まではわずかな道程で、国内に2つしかない近代要塞、五稜郭の1つ龍岡城の所から道はゆるく登り始めます。
この登りは全体的に勾配が緩やか、終盤の急な所でも7%程度な感じです。疲労した体にはありがたい
途中こんな所もあるので、興味のある方は行ってみてはどうでしょう。
NEC_1407.jpg

峠直下がトンネルなので自転車を脇にデポにて3分ほど歩き、田口峠に至りました。
↓トンネル上の本来の峠
NEC_1413.jpg
↓トンネル脇、長野県内の利根川側
NEC_1414.jpg

周りには奇妙な形がかわいらしい、猛毒トリカブトが多く自生していました。
↓ピンボケになってしまった。(^_^;)
NEC_1408.jpg

 さて、この田口峠の特殊な位置について触れねばなりません
本県の県境は、山間部に於いては山の稜線上にあり、長野県との県境は、利根川・千曲川に水が分れる中央分水嶺なはずですが、ここ田口峠付近だけは、深くえぐられるように長野県となっているのです。
道のりで7km、標高差で413m、分水嶺の峠より群馬側に下った所が県境です。
NEC_1416.jpg
NEC_1417.jpg

よって当ブログでも長野県の峠のカテゴリーに入ります。
このような形に県境が決まった当時のエピソードなど分れば面白いでしょうね。

難易度 ★★☆☆☆
スポンサーサイト
この記事のURL | 峠:長野県の峠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
#120 星尾峠
2017/09/25(Mon)
サイクリングで気づいた峠の魅力、2015年改めて群馬県内および自宅から日帰りで行ける程度の範囲で峠を巡ってみようと決意してみた。
山道を上って下ってさぁ行ってみよう。
  

みやま文庫「群馬の峠」には、星尾峠(ほしお) 1260m 南牧村星尾~長野県佐久町内山
本峠は、荒船山の西方、経塚山と御嶽山の鞍部に位置する。
~旧峠道が良く残り、道に沿って江戸期の馬頭観音や石祠などがのこっている。
とあります。

9月24日群馬のサイクリストのお祭り”赤城山ヒルクライム”の日にMTBモラテックを駆り峠巡りです。
あまり関係ないですが、備忘録として・・・最近タイヤを変えました。
今まで履いていたのが1年半前に購入したマキシスの超軽量タイヤ1.95inch340g 1本¥6000ほどですが軽さと言い転がりといいコレまず舗装路最強でしょう。
もちろんその代り未舗装路は苦手でMTBタイヤにしてはパンクが多い。
これを糸が見えるまで使い切って、今回購入したのが2.1inch590g ¥2000 ユッチンソンXCエアライトコブラ 」
こいつで未舗装路走ってみましょう。 
って事で、南牧村のメイン道路より元小学校のような建物の所を右折して星尾集落へ
NEC_1376.jpg
NEC_1377.jpg
このあたりインスタ映えする古い家屋が多い
と言った感じだろうか?
南牧村なり上野村の支流沿い、狭い土地に張り付くように人が暮らすのを見ると『どうしてこのような不便な所に住み続けているのか』  といつも不思議に思います。綺麗な水だけは豊富にあるが、傾斜地で田圃は出来ないし、畑も猫の額ほど
昔は自然の山の恵みから得るものが大きかったのか?それとも別になんらかのメリットがあるのか?
などと考えながら10%ほどの勾配を登る。
線ヶ滝を過ぎると舗装が終わり、峠への登山道が始まります。
NEC_1378.jpg
NEC_1379.jpg
NEC_1380.jpg
NEC_1381.jpg
前半はこのような橋を何度も渡ります。勾配はきつくないですが、所々崩壊気味で危険な所も
NEC_1383.jpg
NEC_1384.jpg
上野写真、道が崩落して斜面に木の幹が折り重なっています。((((;゚Д゚)))))))
一旦斜面を下るのですが木の幹が横たわり下に50cmほどの空間がある状況
まずMTBを持ち上げて上から向こう側に落とします。その瞬間足元が崩れ体がうまい具合に木の下をすべり抜けました。
ヒヤッとしましたが結果オーライ
それからも片手でMTB担いで、片手で木の枝や岩をつかみながら道の無い斜面を登り上げます。ここが本日一番の難所でした。
後半は踏み跡がはっきりしなくなり、ピンクリボンや石積を探しながら前進する形になります。
なかには変なナベの目印もwww
NEC_1395.jpg
昔の石垣が残る所も
NEC_1389.jpg
しかし「群馬の峠」にある江戸期の馬頭観音や石祠などは残っていませんでした。
群馬県側は峠道が無くなりつつある状況です。思った以上に難所が多く、歩き始めて2時間30分、星尾峠に到着です。
NEC_1401.jpg
峠は四辻になり荒船山方面にも田口峠方面にも行けます。
私はそのまま長野県の内山方面へ下ります。
こちらは勾配が緩やかで、崩落個所もないので時折MTBに乗ってスピーディーに下れました。
神社の所から舗装路になり、文明のありがたみを知るのでした。(* ´ ▽ ` *)
NEC_1405.jpg

難易度 ★★★★★
この記事のURL | 峠:鏑川以南・内山峠までの峠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
#119 ぶどう峠
2017/09/04(Mon)
サイクリングで気づいた峠の魅力、2015年改めて群馬県内および自宅から日帰りで行ける程度の範囲で峠を巡ってみようと決意してみた。
山道を上って下ってさぁ行ってみよう。
  

みやま文庫「群馬の峠」には、ぶどう峠 1505m 上野村楢原の中ノ沢~長野県北相木村白岩の木次原
『県歴史の道調査 十石街道』によると、「峠名は野ぶどうがあったことによるものだろう、よって表記は「ぶどう峠」とするが、武道峠と書くこともある」としている。
と、あります。

今回もSTRAVAの計測区間を調べて来たので、上野村川の駅までまったりペース
小休止してぶどう峠TT(16km6%)スタート!
スタートして少し登ると平坦区間になり3kmほど来た地点、「!」
 しおじの湯の所で工事で迂回路を取れと
NEC_1347.jpg

THE END

哀しいような、嬉しいような(汗
こうなると気持ちが切れて、後は余裕を持った強度で峠を目指すことになります。
前半の緩斜面区間は沢沿いを走ります。「日本の山の美しさは渓にあり」と、何かで読んだことがある気がするけど、この辺り
サイクリングでもその一端を見ることが出来ますね。
NEC_1357.jpg
半ばを過ぎると坂は勾配を上げ高度を稼ぐ
次第に沢の音は遠くなり、ほとんど車も来ない。たしか登っている時は1台も通らなかった。鳥の鳴き声も虫の音もない。
NEC_1354.jpg
NEC_1350.jpg
峠名は元総理大臣故福田赳夫氏の手によるものです。
県境を車道が越える峠はこれが最後になります。
ここでは、トンネル通過を峠としませんので、県境峠は意外と少ないのです。

難易度 ★★★☆☆


この記事のURL | 峠:鏑川以南・内山峠までの峠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
#118 大上峠
2017/09/03(Sun)
サイクリングで気づいた峠の魅力、2015年改めて群馬県内および自宅から日帰りで行ける程度の範囲で峠を巡ってみようと決意してみた。
約400峠、山道を上って下ってさぁ行ってみよう。
  

みやま文庫「群馬の峠」には、大上峠(おおがみ) 1100m 南牧村熊倉~長野県佐久町大日向の古谷
と、あります。

記事の更新をサボりまくっていましたが、7月14日にアップした。#117十石峠の続きになります。
十石峠から長野県側に細い九十九折を下りますと、古谷ダムを左手に見ます。
そのダムの所を右手に入る細い道が 大上峠の入口 下の写真参照
NEC_1295.jpg
そこから峠は意外なほど近く、坂の勾配は緩いです。あっさりと10分ほどで到着!
拍子抜けするほど楽に越えられるので、ここは佐久穂方面からの帰路に使える。穴場的なルートであると言えるでしょう。
あ、ただ道が細いので車ではきついと思います。
NEC_1298.jpg
NEC_1297.jpg
道は、南牧村自然キャンプ場を通りノスタルジックな役場前通りを通る。

難易度 ☆☆☆☆

この記事のURL | 峠:鏑川以南・内山峠までの峠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第3回 戦国ヒルクライム甘利山
2017/07/24(Mon)
去年に続いて今年も山梨県韮崎市まで行ってきました。
狙いはもちろん24将ジャージをゲットすることです。
スタートして5分でもう帰りたくなる急坂をのぼって49分42秒 
年代別2位 総合15位で無事ゲット!
去年が51分20秒で総合18位だったので、おかげさまで今年は調子が良かったです。
小学生クラスで参加した息子も大人と同じフルコース走って1時間24分で2位
しっかし今年は2位が多いな~と(^_^;)

これで今年エントリーした大会が終わったのでしばらく休息となります。
去年の赤城HCあたりからトレーニングをやり続けて今はバーンアウト気味、燃えさしも使い切った。
子供の練習や峠巡りなどで走りはするけど追い込むのはしばらくやめよう。
たぶん1ヶ月もしたら焚き木は十分集まって、なにかまた目標になるレースを定めることになるでしょう。
NEC_1320.jpg

この記事のURL | レース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
#117 十石峠
2017/07/14(Fri)
サイクリングで気づいた峠の魅力、2015年改めて群馬県内および自宅から日帰りで行ける程度の範囲で峠を巡ってみようと決意してみた。
約400峠、山道を上って下ってさぁ行ってみよう。
  

みやま文庫「群馬の峠」には、十石峠(じっこく) 1351m 上野村楢原の白井~長野県佐久町大日向
大日向峠・五里峠とも呼ばれた。
十石峠の峠名は、奥多野地域では、稲作がなされず信州の佐久地方から日に十石の米が運び込まれたことによるという。
とあります。

現在は国道299号となり県境を越えています。
こんな機会なので計算してみると、1石が100升で1升が10合なので、十石は10000合の米になります。
一人1日3合の米を食べるとすると、奥多野地方、現上野村&神流町の人口はこの峠名が出来た当時 3333人
そして現在の人口をググると上野村1265人、神流町2007人 合計3272人
(;゜0゜)ほとんど同じと言う結果になりました。

7月8日この日も暑くなると言う事で5時前に家を出て、体力温存でゆっくり走って7時に上野村川の駅に到着
軽量化を済ませて十石TTスタートです。
基点は湯ノ沢トンネルからの道が合流するT字路の先100mほどの所のようです。
14.7km 5% 729mUP
終盤の3kmはアップダウンのある尾根道になり、下り急カーブにグレーチング&砂の浮く箇所が有りますので
始めての方は注意が必要です。こんな人里離れた圏外で自爆したくないな~
45:32で、KOMげと!
NEC_1293.jpg
NEC_1294.jpg


難易度 ★★★☆☆
この記事のURL | 峠:鏑川以南・内山峠までの峠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
#116 道祖神峠
2017/07/14(Fri)
サイクリングで気づいた峠の魅力、2015年改めて群馬県内および自宅から日帰りで行ける程度の範囲で峠を巡ってみようと決意してみた。
約400峠、山道を上って下ってさぁ行ってみよう。
  

みやま文庫「群馬の峠」には、道祖神峠(どうろくじん) 600m 鬼石町三波川~藤岡市下日野
本峠は三波川峠ともいう。 とあります。

サイクリングイベント ”藤岡ライド&ヒル” 登りTT区間ゴール地点が道祖神峠
私がこのイベントに参加したのが3年前、今年は5月28日
イベントが終わったこの日の午後に行ってきました。
3年前は走り出しで気温が30度を越える厳しい条件でした。それに比べただいぶ涼しく走りやすかったです。
今走行ログを確認したら20:47で、KOMゲットしてました。( ^ω^ )
NEC_1257.jpg


難易度 ★★★☆☆ 
この記事のURL | 峠:鏑川以南・内山峠までの峠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
#115 地蔵峠(湯の丸峠)
2017/07/11(Tue)
サイクリングで気づいた峠の魅力、2015年改めて群馬県内および自宅から日帰りで行ける程度の範囲で峠を巡ってみようと決意してみた。
約400峠、山道を上って下ってさぁ行ってみよう。
  

みやま文庫「群馬の峠」には、地蔵峠 1733m 嬬恋村田代~長野県東部町滋野
峠には十一面観音と地蔵尊が並び立ち、峠名はそれによるとみられる。
また峠には、1町ごとに観音様が立てられ「百番道標観音」と呼ばれる。 などとあります。

こちらは5月5日車に自転車を3台乗せて家族で東御道の駅から浅間山ライン~沓掛街道峰の茶屋~北軽セーブオン左折
パノラマライン~地蔵峠~道の駅
浅間山の周りの車道を一周した時の事です。
NEC_1245.jpg
NEC_1246.jpg
ご覧のとおり百体観音、峠の番号は八十番 ここテストに出るので覚えておくようにwww

難易度 ★★★☆☆
この時は嬬恋村から登りましたが長野県側から登ると★四つ、車道峠では最高ランクのきつい登りです。
この記事のURL | 峠:鏑川以北~吾妻川以南、鳥居峠まで | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ